なぜ?

 

オールインワン?

スキンケアに化粧水は必要ない

スキンケアは毎日続けてこそキレイになっていくもの。

 

いくらイイ基礎化粧品を買い揃えても続けないと意味がない。

 

美容を追及してる私の理論としては色んなものをお肌にのせるとお肌に負担をかけ与えすぎると肌そのものの働きを妨げてしまいます。

 

肌はどんどんメタボ肌になり、肌トラブルの起きやすいお肌を導いてします。

 

スキンケアの基本は「保湿」

お肌のうるおいが失われると、バリア機能が低下してしまい、肌荒れ、吹き出物など肌トラブルが起こりやすくなります。

つまり保湿はスキンケアの基本といえます。

きちんとした美容成分の配合したものを使い保湿さえしっかりできていれば美肌は作れます。

 

化粧水・乳液・クリーム・美容液など顔に沢山のせるメタボスキンケアの必要なんてないのです。

私はメタボスキンケアをやめてお肌がよみがえりだしました。

 

美に必要なもの、それはシンプルでスリムなスキンケア。

だからFUMMY REFACEの商品はオールインワンなんです。

 

 

皮膚科学的に言うと化粧水はじつはなくても良いものなのです。

 

肌表面の角質は20~30%の水分を含んでいますが、化粧水をつけると水がお肌の水と混じり合います。 

時間が経つと蒸発するのですが、その時に一緒に肌の水までも奪っていくのです。

 

お肌の表皮についた化粧水が蒸発するときに、毛細管現象によって肌の水を吸い上げてしまうからだと言われているのです。

 

手洗いする際に時間が経過すると乾燥してくるという経験は誰もがあると思います。

要するに水でお肌を濡らすことは肌を余計に乾燥させてしまうという事なのです。

 

乾燥した髪の毛に水をつけると潤いますが30分もすれば蒸発し乾いて乾燥しまた元通りです。

ヘアクリームなどで保湿をすれば乾燥せずに潤いが続きます。

 

お肌も同じで化粧水は蒸発してしまう水でしかありません。

スキンケアに化粧水は必要ない

 

 

お肌に必要なものは保湿

お肌に必要なものはしっかりとした成分の配合された保湿なのです。

 

それではなぜ化粧水は世の中にこんなにも多く出回っているのでしょうか?

 

それは日本女性は水が大好きだからです。日本は古来水を尊いぶ民族であった為お寺などに行くとお清めの手水などが必ずあります。日本の地理的にも関係している事なのですが、日本は高温多湿なことと、使ったときにさっぱりした使用感が好まれることで化粧水は日本で生まれました。

 

アメリカやフランスなどに行くと化粧水はあまり売られていません。海外コスメメーカーは日本で販売する際は日本用に化粧水を作るくらいです。

 

「化粧水で潤してクリームで蓋をする」など日本では間違ったスキンケア方法が浸透しているので美容研究家としてはなんとか正しいスキンケア方法を広めたいと感じています。

化粧水をつけてクリームで蓋などできません。化粧水はつけても結局は蒸発してしまいます。

本当に潤すにはセラミドの入った成分のものでしっかりと水分をキャッチさせる。

そしてお肌に余計なものをのせすぎずに、シンプルにたっぷりつけてしっかり保湿させてあげる。

 

 

 

そして誕生したのがFUMMY REFACEのオールインワン「クリスタルリフト」です。

 

驚きのお肌生活を始めましょう。

 

 

 

  • ブラックFacebookのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • ブラックiTunesのアイコン
  • ブラックアマゾンアイコン

フミーリフェイス、FUMMY REFACEおよびFUMMY REFACEのロゴはフミーリフェイス(前田文也)登録商標です。(第5856252号)

Copyright (C) 2015 -2020 FUMMY REFACE  Inc. All Rights Reserved.